川越の蔵造りの街並み

川越

埼玉県の観光地の代表格が川越の蔵造りの街並みです。江戸情緒の残る風情ある蔵の並ぶ川越は、国内だけでなく海外からの観光客もやってきます。重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、日本が誇る後世に残すべき大事な財産です。

川越の土蔵造りの重厚な建物や、それが並ぶなかにひっそりと存在する味わい深い横町は、一見の価値があります。ここのシンボルが時の鐘で、江戸時代初頭から城下町の川越に時を告げて庶民に親しまれています。川越は度重なる火災によって、家屋の多くを消失するという歴史があり、現在立っている時の鐘は4代目にあたります。明治26年の川越大火の直後に再建されたものです。街の3分の1が消失した大火の後、暮らしに欠かせない時計台として、自分たちの店も再建していないのに、その当時の商人たちがいち早く再建したと言われています。今も時の鐘は蔵造りの町に響きます。響きの良さは、平成8年、環境省の「残したい日本の音風景100選」に認定されています。

川越の蔵造りの街並みは、大きな鬼瓦の屋根と黒い漆喰の壁で構成されており、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような感覚を楽しめます。同じように見えて、1軒ごとに違う造りになっており、それぞれの建物の個性も楽しめます。テレビの特集番組などでも取り上げられるのが一番街で、そのほか菓子屋横丁や本丸御殿、氷川神社などの名所があります。埼玉りそな銀行の古い洋館も見ごたえがあります。大正時代に建築されたものですが、周囲の景観を壊さないように工夫された建物です。